WordPress手動更新おぼえがき

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
Pocket

 セキュリティポリシーやサーバースペックなどの制約からWordPressを自動更新できないなんてことがあって、モノグサ人間としてはもうそれだけでテンション下がるわけだけど、どっちにしてもやらないとダメだし、今後その都度いろいろ確認しながら進めるのも面倒なので備忘・要領としてまとめておくことにする。
(あくまで個人の備忘程度)

参考にしたのはもっぱら ここ。

Screenshot of ja.wordpress.org
Screenshot of ja.wordpress.org

ダウンロード | WordPress.org 日本語

  1. WordPress最新版をダウンロードし作業スペースに展開。
    昔は通信コストやスピードを考えて、サーバ側でwgetして展開することが多かったけど、最近はそういう心配をする必要もなくなったので、zipダウンロード→ローカル解凍の一辺倒。
    ちょっとだけ注意すべきは文字・改行コードの違いだけど、開発環境(エディタ)入れてれば、基本そのへん解決されてる場合がほとんど。
  2. 更改前のファイルのバックアップをとっておく。
    サーバ側でもローカル側でもよいので、置き換え対象ディレクトリとファイルのバックアップをとっておく。
    対象は
     wp-admin, wp-includes, wp-contents, トップディレクトリの PHPファイル群。
    SQLデータベースバックアップも推奨されるけど、マイナーバージョンアップの場合はすっ飛ばすことも多いかな……
  3. 旧版のwp-admin と wp-includeを消して、新版の同2ディレクトリを同じ場所にアップロードする。
    これは何も考えずに作業してOK。
  4. 旧版のwp-contents に新版のwp-contentsをマージで上書き。
    既存のファイルやディレクトリを消してしまわないようにMergeで上書きすることがポイント。
  5. wordpressのTOPディレクトリのファイル群(index.phpとか)を上書きアップデート
     要領は4と同じ。

 以上が正常に完了していれば、管理画面にログインすると画面上部に更新完了した旨が表示されるのでそれを確認しておしまい。
(マルチサイト(ネットワーク)設定をしている場合は、ここでネットワークを更新するようにメッセージが表示される)

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。