Windows7 Edition選び – WindowsXPのプログラムを再利用するために

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
Pocket

特にメディア関係のビジネス向けアプリケーションを中心に、高価なパッケージは今のXPからWindows7にそのまま持って行きたいもの(ゲームコレクターもそうかもしれませんが。

Windows7には対応予定なしとか非対応と書かれていても、実はこっそり動作するソフトってあることが、実際にWindows7に移行してわかりました。
(だからといってOSパッチアップデートして急に動かなくなる可能性もおおいにあるわけですが)

ただ、ちょっとインストールするWindows7 は選んでおいたほうがいいかも、ってことで note 程度にて。

WindowsXPのソフトをなるべく使いまわしたいのであれば、

Windows7  (32bit) Professional 以上

をオススメします(処理bit はXPと合わせるのが吉。64bitなら64bitにて)

理由は2つ。

  1. 処理bitが異なると動かないアプリケーションは結構ある。
  2. Professional Edition以上には XPモード(W0Wエミュレーション)があり、可能性が上がる。
    (インストーラがWoWでないと動かないものがちょくちょくあった感)

まー それでも、起動してくれなかったり使ってる途中にエラー吐いて落ちたりするものもあるわけですが(苦笑)
ただブルースクリーンでがっつりハングする事例には今のところ行き当たっていません。

HomeEditionとProfessionalEditionでは1.7万円くらいの差がありますが、その価値が有るかどうかは環境次第といったところでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。