【レビュー】Natural Ergonomic Keyboard 4000 非常に使いやすいので再購入

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
Pocket

 仕事場に持ち込んでいるキーボード、5年ほど経ってお逝きになられたので、その場でAmazon で同じモノをポチりました。翌々日に届いたのでさっそくまた仕事場に持ち込んだMircrosoft Natiral Elgonomic Keyboard 4000。

Natural Ergonomic Keyboard 4000

 公私ともに、主PCは据え付けなので有線でじゅうぶん。wiredならではのり安心感とラグストレスレス。

 左右分割の独特のレイアウト。これに慣れてしまうと、もう戻れません。
 個人的に純正品はあまり買わないのですが、キーボードについてはここ8年程度 これ一択。捗り具合・疲れ具合(主に手首とか肩の)が全然ちがいます。やや値段は張りますが、それでもお釣りを感じるくだい。てなわけで、仕事場も家のメインPCもこれでキーボードは揃えてるくらい。

 だいたい欲しいところに、欲しい機能のキーが置いてあるのがにくいところです。

 前回ははずしていたのですが、今回はアームレスト下部の架台をつけて使用することに。見た目使いづらそうだったのですが、パーム(手のひら)を支点に指を落としながら打鍵する感じにあるので、デスクがあまり高くなければ、こっちの方が楽っぽい? しばしこのままで使い続けてみようと思います。

 このキーボードを使うデメリットといえば――
 たまに使えない環境下になったときに、ものすごく作業スピードとモチベーションが落ちるってところでしょうか。

 打鍵数の多い人、手首・肩に負担を感じる人には今日リコメンドのアイテムです。

20190801_073640_000

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。