[facebook]スパムアプリの承認を取り消す方法(診断・いい話等々)

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
Pocket

フェイスブックで「感動話」「いい話」「計算問題」クリックは「ダメ、絶対!」でしょ。(秋元祥治) – 個人 – Yahoo!ニュース

など、最近はけっこうあちこちで話に上っているので、診断系や「CMの後!」的な無駄にクリック誘導させるfacebook記事がスパンであることを認識している人は多いと思いますが、それらの承認取り消しは下記の通り。
(まー承認しちゃった時点でだいぶ抜かれちゃってるとは思いますが……)

PCの画面で説明してますが、スマホ/タブレットでもほぼ同様の項目があり、手順としては変わらないと思います。

20140323_102730
facebookの設定から[設定]の項目に入り、[アプリ]の項目を選ぶと

20140322_180027
承認をしたアプリが一覧表示されます。

リスト中で自分で意識してサービス連携をおこなったものはいいとして、そうじゃないものはスパンの可能性が非常に高いといえます。
右横にある☓印で削除(承認取り消し)できます。


スパンかどうかわからないアプリについては、アプリの名前のところあたりをクリックすると詳細が表示されます。
(他に黒確定のアプリについて、どんな情報をぬかれたか知ることにも使える)
ここでは、一般的ともいえる Twitter で例示してみます。
※ わかりやすい例としてTwitterを挙げただけでTwitterをスパンとしているわけではありません。あしからず。
20140323_104934
承認した結果 どんな情報を持って行かれたのかが表示されています。
あーTwitterでも生年月日は持っていくんだなーってのがわかります(つまり、Twitterから万が一アカウント情報が流出してしまった場合は、生年月日も漏れる可能性が非常に高いので、そういった数字はパスワードに使っちゃいけないってことですね)
ちなみに赤枠部分の[詳細を見る]で、取得された時期もわかります(直近90日)
20140323_104950
最近では1月14日に持っていかれたようです。

試してないので断言はできないのですが、いわゆる問題視されてるWEBサイト誘導型の承認アプリや診断系では、ここにメールアドレスや友人リストの情報や学歴・職歴などかなり多くの個人情報が表示されるものと思います。

ま、マーケティングのためにプライバシーポリシー明記してそういった情報をビッグデータとして取り込む企業も多く、情報取得の方法自体に善悪はないのですけど、ね。

わかりやすくいえば、「賞品が当たる!」みたいなサイトがあった時、その運営者が大手一流企業 であっても、個人ウェブサイトであっても、同様に自分の情報をフォームに入力しますか? ってあたりで。
(ま、どっちも真に信頼できるかどうかの議論はさておくとします)

今は ボタン1つの承認で、個人情報入力できるようになったのは便利かつ不用心ですねってことと、それを意識させずに踏ませるサイトはやっぱり黒だよなーというお話でした。
なので、診断結果をみんなに知らせようとかおもしろいとおもったらシェア!につられてシェアして周りにアドレス踏ませるのって実は個人情報抜きの片棒担いでることになりますんで、そのへんご注意を。(そうじゃないサイトもあるんだけど、承認項目みて見分けられないならやらないほうがいいです)
シェア先のWEBサイトを運営している企業や個人の与信はしっかりとりましょう(その意識もつだけでも回避はできるようになると思います)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。