「NetSurfing」カテゴリーアーカイブ

What is This? – Az-Zuwaytinah


What is this?

【今日のわんこ】犬だがよろこんで庭駆け回らない。


「犬はよろこび庭駆け回り♪」なんて歌にありますが、

実際は炬燵じゃないけど猫同様に「あぐらで丸くなる~♪」ですね……

しかもポジションどりにこだわるとか、5kg超となにげに長時間だと重いやら、乗られるほうは暖かい&足痛いのトレードオフが発生します。やれやれ(苦笑)

続きを読む 【今日のわんこ】犬だがよろこんで庭駆け回らない。

【動画】ヨーダは踊る – Master Yoda dances


そういえば2011年終わり頃からマスター・ヨーダがフォースでUFOを浮かせていますねー。

直球ストライクゾーン40代以上だと思うのですが、さすがスターウォーズというべきか、日本の若者でもヨーダの知名度が高いようです。
ヒロイックSFとして名高いスターウォーズですが、けっこう時代劇みたくセオリーにそったシナリオ展開ですよね。個人的にはそれも含めて好きなんですが(やはり、あとは当時のMAXレベルのSFX)。

で本題。
マスターピース(名作)ってのは、パロられやすいってのもあると思うんです。

ベイダー卿が踊ったり

マイケルやBSBをお踊りになっているベイダー卿ですが、ノリとキャラとのギャップ、下っ端トルーパーの動きを含めて、MCハマーが個人的にはツボであります(他は関連動画から参照あれ)。

あー、ダークなほうにいってしまったので閑話休題。
最強最高齢マスコットキャラ(?)として名高いマスターヨーダ師も非常に高い身体能力をもってダンスなさっているようです。

師のダンスとしては原典的な動画かと思われます。ちょーかっけー。
というか、後ろのトルーパーくんの何気ない揺れも素晴らしいです、うん。

で、こちらは実写です。監督でさえ実現できなかった人間による実写!!

もう、これね、ツボすぎるんですよっ。
はずしまくった歌(でもちゃんと歌ってる)ところとか。
デジタルデジタルな原作とは対極に位置する非常にバカかつハイクオリティなパフォーマンスじゃないか、と。
あー、また笑いが。

おまけ:
1:00前から15秒ほど、龍安寺の石庭でベイダー卿が現地人と戦ってます。

これAR(AugmentedReality:拡張現実)関連の動画なんだけど、初めて見た時はかなりショックを受けた記憶が。
WEBカメラなどで3Dモデル投影(付け足し)するときには、ARマーカってな基準点示すQRコードっぽいのが必要だったんだけど、上記の動画はその基準点をカメラの移動による視差でピックアップしてるんだよねー。そのうち実現するアプローチだと思ってたけど、思った以上に早くてビックリ。しかもハイスペックだろうけど一般ノートPCで稼動してるようで。

……ただアイデアやら技術やら体制が技術の新しさに伴わなかったのか、日本ではAR活用のビジネス成功例は寡少だよねぇ(苦笑) ゲームやTVくらい?

【WEB】横山大観 on Google


yokoyama11-hp
Google 画像が 富士に。

横山大観ですね。
生誕143年なんて、中途半端だなぁと思いつつ、横山大観 – Wikipediaを参照してみたら、人生の後半はほぼ酒しか摂らなかったようで、その酒は画と引き換えだった、と。あー、それで酔心の蔵にゃ大観画が多く所蔵されているのかと納得。

ちなみにWikiで気になったのが西暦と元号年のズレ。調べてみたらグレゴリオ暦導入は明治5年からなんですねー。

http://museum.tachikawaonline.jp/15_yokoyama/
横山大観記念館 東京のミュージアムガイド-美術館・博物館・記念館の詳細情報

【ワイン】シャトー・マルゴー:最も女性的なワイン


ほぼ毎日Wikipediaを見てるんだけど、最近新着記事に「シャトー・マルゴー」が。ワインに限らず、こういった銘柄ごとの項目も増えてくると、一般的な辞書よりペディア感が出ますよねー。

んでもって、他のAOCよりシャトーマルゴーの知名度が高いのって、「失楽園」で使われたからなのか、と今になって認識。なんか、本当にマルゴーだけ知名度高いんです(とある界隈)。(さらに蛇足:神保町[靖国x白山]のところにある「さぼうる」って店も舞台になったそうな。ナポリタンパスタとイチゴジュースがおすすめ)

もっとも女性的なワインと言われるように、その味は丸みを帯びたボディがイメージできるような含みのあるものです。とはいっても、2回しか飲んだことないんですが(苦笑) できれが2000年を飲んでみたいところですが、市価¥75000代となるとなかなか……。
ただ、最近はセカンドワインもかなり洗練されてますし――考えようによってはコストパフォーマンスいいのかも――、シャトーものじゃなくても同地方の3000~4000円くらいのものもアタリはけっこうあるので、一度は飲んでみてはいかがでしょう?

続きを読む 【ワイン】シャトー・マルゴー:最も女性的なワイン