【復旧方法】nvlddmkm.sys ブルースクリーンからの復旧方法

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
Pocket

親PC、いきなりWindows7が正常に起動しなくなった、とのことで

20140830_081128_00

あー、起動時にブルースクリーンか……これは厄介だなぁ……
とりあえずWindowsのシステムは読みにいってるみたいなので、
① フルリカバリ/再インストールは不要 ② システムファイルの一部が欠損してる?
くらいの見積もりで 画面をカメラで撮影して、同じ障害例がないかネットで調べてみたところ、

OSとパーツの組み合わせによっては
Windows Update 重要な更新で ドライバ差し替えられることで発生

するらしいことが判明(親PCは Dell のVista載せPC にメモリ増やしてWin7(32bit)入れたもの。もちろん保証外)

重要な更新は自動更新だし、一部の組み合わせだとしばらく対応こなさそうだなぁ……ふぅ。せめて更新重要性を推奨くらいにしておいてくれよー。

 

では、気を取り直して復旧開始。

既存のnVidiaドライバと、更新で当たるドライバがどこかで競合するのが原因のようなので、

①ドライバ全部抜く → ②最新のを入れる で対応。

まずはOSが立ち上がりきらないので別OS(WindowsNTFSがマウントできるもの)が必要なんだけど、気がついた時にUbuntu 32bitの最新版LiveCDをRWに焼いているので、これを使うことに。
(ので UbuntuのLiveCDが以降は必要。未所持の場合は別PCで焼く必要があります)

Ubuntuが起動したら
20140906_192554_00

  1. 黄丸でファイルマネージャを起動し
  2. ファイルマネージャでWindowsをインストールしているドライブを選択して、
  3. nvlddmkm で検索。でヒットしたものを削除。
  4. そしたら画面右上の設定メニューから、シャットダウン。ここまでUbuntu内の作業。
  5. 4まで進めたらWindowsは解像度違いで起動します。まずコントロールパネルから nVidia関連のアプリケーションを削除。
  6. で再起動。
  7. また解像度違いのまま立ちあげ、nVidiaのサイトに行って最新版のドライバ(&アプリ)をインストール → たぶん再起動。
  8. これで復旧完了ですが、WindwosUpdateでまた更新されないように、nVidiaの重要な更新のチェックを外しておく(←これしないとまた自動でパッチ当たって同じメに合います)

ざっとこんな感じで、ブルースクリーン障害の割には慣れていればそんなに時間と手間はかからないかな。



ASUSTeK NVIDIA GTX760チップセット オリジナルFAN「DirectCuII」搭載グラフィックカード GTX760-DC2OC-2GD5 【PCI-Express3.0】
ASUSTeK NVIDIA GTX760チップセット オリジナルFAN「DirectCuII」搭載グラフィックカード GTX760-DC2OC-2GD5 【PCI-Express3.0】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。